読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LinuxでC#開発環境を用意する

Linux

Monoを使って、.NET環境を用意する。

$sudo apt-get install mono mono-mcs

Monoでコンパイル

MonoでC#をコンパイルする時は、mcsコマンドを使う

$mcs test.cs

ただし、C#2.0でコンパイルするためには、gmcsコマンドが必要。C#3.0もこちらで対応していくらしい。

$sudo apt-get install mono-gmcs

$gmcs test2.cs

統合開発環境MonoDevelop

統合開発環境(IDE)を使うには、MonoDevelopをインストールする。

$sudo apt-get install monodevelop


GNOMEなら[アプリケーション]→[プログラミング]→[MonoDevelop]で起動。GUI環境で開発ができる。
C#2.0を使う場合は、プロジェクトを作成し、プロジェクトのオプションから2.0を選択すること。


標準ではGtkのGUIアプリケーションが作成できる。Winformの使用方法については、今のところ不明。

ASP.NETの環境

XSP2をインストールし、ASP.NET2.0の実行環境を作る。

sudo apt-get install mono-xsp2


XSPを起動

$sudo xsp2 --root ~/asptest
Listening on port: 8080 (non-secure)
Listening on address: 0.0.0.0
Root directory: /home/(user name)/asptest
Hit Return to stop the server.


デーモンにしておけば常時実行もできるのかな?
Apacheで動かす場合はmod_monoを使うらしいが、次回にする。

おまけ

追加ドキュメント類はお好みで。
自分はGecko2.0、Gtk2.0、iPod

monodevelopの追加モジュールも気になる。具体的にはmonodevelop-queryとmonodevelop-versioncontrol。