読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SSHを使いやすくする

Linux memo

といっても、hack的なものではなく・・・
不便に感じていた点が設定で解消できることがわかったのでメモ。


ssh接続のタイムアウトを防ぐ

ServerAliveIntervalを設定すると、指定した秒数ごとにサーバの生存確認をしてくれるらしい


ssh接続でタイムアウトが嫌だあ - んばぁってなんなのよ

$ vim ~/.ssh/config

 + ServerAliveInterval 100

公開鍵認証のpassphraseを何度も入力しなくても良いようにする

authorized_keysを設定した認証は便利だが、パスフレーズの入力がいちいち面倒。
どうにか省略したいと考えていたら、ssh-agentが記憶してくれるらしい。
ssh-addコマンドでファイルとパスフレーズを登録できる。


ssh

$ ssh-add ~/.ssh/id_rsa
Enter passphrase for /home/user/.ssh/id_rsa: 
Identity added: /home/user/.ssh/id_rsa (/home/user/.ssh/id_rsa)

注意事項は、明示的に終了しない限りssh-agentは動き続けるということ。
その間、ssh-agentは、秘密鍵を(パスフレーズで保護されない形で)
保持し続けるので、ssh-agentが動作しているホストのアカウントを
奪われると、他のホストのアカウントも奪われてしまうことになる。

これで便利になった。感謝。